【保護者との人間関係で悩む先生必見!】保護者とうまく付き合う5つのポイント

レッスンTips

英語講師の皆様、レッスンお疲れ様です!

子ども英語講師歴10年のブログ管理人です

この記事でわかること

保護者とうまく付き合う5つのポイント

保護者の対応で悩んでいる先生はいらっしゃいませんか?

実は、人間関係が辛くて辞めてしまう先生は結構います

でも、せっかく講師になったのに、それでは悲しすぎます

乗り越えれば、必ずこの仕事を楽しめる日がきます!

是非、この記事を参考にしてみてください

うまくいかないときは、「原因は自分にないか」と考えてみよう

あのお母さん、モンスターペアレントだわ~!

ストレス感じるのは分かります!

でも、まずは原因が自分にないか考えてみてください

信頼される先生になるための5つのチェックポイントは、

『新人子ども英会話講師の悩み解決!「前の先生と比べられて辛い」』の中の

『3.信頼される』に書いています

一度確認してみましょう!

保護者の話を聞こう

自分の主張を保護者に聞いてほしいなら、まずは相手の話をしっかり聞く事が先!

まずは保護者の顔をよく見てください

レッスンに満足してくださっている保護者は

ありがとうございました~!
うちの子、上手に出来てて良かったです!

という感じでよく感想を言ってくださいます

一方、保護者の表情が曇っている時は、

このレッスン、効果あるのかしら?
なんかうちの子、楽しそうじゃないし、英語も全然わかってないみたい
もう、レッスンやめさせようかしら

こんなふうに考えていらっしゃる可能性が!



ちょっとでも気になったら、

最近、お家ではどんな様子ですか~?
宿題するのを嫌がってませんか~?

こんな風に声をかけてみましょう

自分から話すことが苦手な保護者もいます

こちらから話しかければ「この先生は気遣ってくれる」という安心感を持ってもらえるはずです

参考

まずは相手の話を聞くことが大事!
これは、スティーブン・R・コヴィー著 完訳『7つの習慣』を読んで勉強したことです

それ以来、私のバイブル

保護者に感謝とねぎらいの言葉を

子供に習い事をさせるということは、親にとって相当な負担です

  • 高額な月謝
  • 毎回の送迎
  • 子供がレッスンを受けている間の待機
  • 家庭学習のフォロー

こんな親の負担があってこそ、生徒はレッスンに通い続けられるのです

感謝して保護者に寄り添う気持ちを持ちましょう

例えば

子供が宿題をなかなかやらなくて・・・

こんな時、

✖ 親の責任です、
✖ 必ず宿題はやらせてください

〇 いつもサポートありがとうございます
〇 (子供がいる講師なら)うちもそうでした~

生徒の成果を伝えよう

英語学習というのは、なかなかゴールの見えない長距離マラソンのようなもの

生徒にとっても、保護者にとってもモチベーションの維持が大切です

そこで、

  • 今日は~~が上手に言えました!
  • 音読、上手でした!
  • 最近、文字がしっかりしてきましたね~!
  • 今日は一番に発表してくれました!

こんなふうに、保護者に生徒の具体的な成果をしっかり伝えます

前進している!成長している! という感覚

これが分からないと、保護者は月謝を無駄だと感じてしまいます

保護者と友達になってはだめ

保護者との付き合いが長くなると、お互いに親しみが湧いてくるものですが、決して友達のようになっては駄目です

あくまでも、講師と生徒の保護者!

そのためには、私は言葉遣いを崩しません

お付き合いが何年になっても、丁寧な言葉遣いを守ってます

保護者とざっくばらんに話している先生もいますが、私にはちょっと無理!



また、緊急時のためにメールは使いますが、LINE は交換しません

保護者からのクレームのようなLINE が夜中に来る、と言って困っている講師もいますよ~

最後に

講師は指導する立場ですが、威張っていいわけではありません

生徒、保護者は「お客様」でもあり、私たちは良いレッスンを提供して「選んで頂く」ことで始めて仕事ができます

結局、互いに人として敬意をもって接していれば、大抵の場合、その気持ちは伝わると思っています

では、保護者とうまく付き合う5つのポイントをもう一度まとめておきます

1)まず考えよう 「原因は自分にないか・・・・」
 信頼される講師かチェック!

2)保護者の話を聞こう
 まずは相手の話をしっかり聞く!

3)保護者に感謝とねぎらいの言葉を
 子供をサポートする親は大変!

4)生徒の成果を伝えよう
 親子のモチベーション維持が大切!

5)保護者と友達になってはだめ
 ソーシャルメディアに注意!

今現在、悩んでいる方のヒントになれば幸いです

最後までお付き合いいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました