子ども英会話講師の悩み解決!「レッスン準備に時間がかかりすぎる」

レッスンTips

英語講師の皆様、レッスンお疲れ様です!

子ども英語講師歴10年のブログ管理人です

レッスン準備に時間がかかりすぎる!

今回は、こんな悩みをお持ちの先生にアドバイスです

結論

一年目は大変でも、二年目から必ず楽になる!
レッスンプランチェックはレッスン終了直後に!
苦労は、最終的には自分のため!

私は、今でこそレッスン準備も楽になりましたが、やっぱり数年の間は相当な時間をかけてレッスンプランを立てていました

多分、講師になったばかりの頃はみんなそうです

教える仕事には、準備はつきもの

でも必ず少しずつ慣れて楽になります!

私がこれまでにしてきた工夫をここにシェアしますね


大変なのは初年度だけだから大丈夫!

まず言いたいのはこれ

永遠に大変さが続くわけじゃない!ということです

どうにか1年乗り切れば、2年目には「これ知ってる!」と言う経験になり

3年目には「これならわかる!」という余裕が出てきます

必ず少しずつ、教材に慣れ、指導の手順もつかめ、要領よく準備ができるようになります

どうかこれを信じて、初年度だけで投げ出さずに続けてほしいなと思います

レッスンプランはユニット単位でまとめて立てる

そもそもレッスンプランというのは、ユニットごとや、学習目標ごとなど、数回分のプランを一度に立ててしまうことをお勧めします

理由は、

  • ユニット内の最終的な目標を把握できる
  • 最終的な目標までのレッスンの流れを把握できる

以上のメリットからです

このダイアログのここの文法がターゲットなのね!

これが後のスピーチにつながるのか!

などと、把握しておけば、しっかりとそこを指導することもできますよね


現役英語講師による 【直感でわかる】レッスンプランの書き方とおすすめテンプレート』の中ではわかりやすいプランの書き方を紹介していますので是非ご参照ください

レッスンの進み具合や気づいたことは、レッスン直後にメモする!

1回のレッスンが終わったら、

終了直後に、自分の立てたプランシートにレッスンの進み具合や気づいたことをメモします

1日にいくつもレッスンがあると、覚えているつもりでも、混乱することがあるんです

メモするポイント
  • 生徒の出欠状況(あとから宿題連絡などフォローするため)
  • 消化できなかった内容はないか(次回のレッスンにまわしため)
  • 生徒がまだ十分にできないポイントはどこか(次回復習をする)
  • 宿題を忘れた生徒(次回チェックするため)
  • 生徒が個人的に発表した内容(保護者に様子を伝えて褒めるネタとして)

帰宅後、次回のレッスンプランを修正する

ユニットごとに数回分まとめてレッスンプランができているとすれば、その日のうちに次のプランを手直ししておきます

これで、翌日への持ち越しはゼロ!

次のレッスン前に、再度、目を通して確認すればいいだけです

楽でしょ?!

結局、いろいろやってみないとわからない! そして工夫しただけ自分の引き出しになる!

レッスンプランの他にも、伝わりやすいレッスンを目指して色々と手作りすることもあります

  • ホワイトボードに貼るためのマグネットを作ったり
  • 文法をイメージで伝えられないかと絵をかいたり
  • フラッシュカードを手作りしたり

その中には、ばっちりうまく効果を発揮したものもあれば、イマイチだったり・・・

でも、初めはとにかくやってみるしかない!と思っています

生徒の個性はいろいろ!

クラスの雰囲気もいろいろ!

何が上手くいくかは、その場次第

だけど、色々試しているうちに、自分の引き出しが増えていきます

いまいちだったアイデアも、また別のクラスでは大盛り上がりすることもありますよ!

まとめ

「レッスン準備に時間がかかりすぎる」というお悩みに、私の工夫と考えを書いてみました

結論

一年目は大変でも、二年目から必ず楽になる!
レッスンプランチェックはレッスン終了直後に!
苦労は、最終的には自分のため!

少しでも、今苦労されているあなたの励みになれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました