英語レッスン「やる気のない生徒」への対応と声のかけ方

レッスンTips

英語講師の皆様、レッスンお疲れ様です!

子ども英語講師歴10年のブログ管理人です

この記事でわかること

やる気のない生徒への対応方法

  • 幼児には、とにかくレッスンを楽しんでもらう
  • 小学校低学年には、興味と小さな達成感を
  • 小学校高学年には自信を持たせる、冷静に話す

一言で「やる気がない」と言っても、状況はいろいろ
そして、その子たちの心理もいろいろなはず

では、年代別にみていきます

幼児には、とにかくレッスンを楽しんでもらう

この年代では、やる気がない、というよりも、単に

  • いつもと違う環境に緊張している
  • 講師にまだ親しんでいない
  • 人前で声を出すのが苦手
  • 恥ずかしがり

の場合がほとんどです

そこで、

  • とにかく楽しませる
  • 無理強いしない
  • 発言する場合、最後の順番にする
  • 身体を動かす活動を増やす

これなら、シャイな子でも元気に参加します

そこで、すかさず褒めて、保護者にもできたことを伝えます

生徒への声掛け

~~~が上手に言えたね!
みんなで楽しかったね
またやろうね!

保護者への声掛け

今日は~~~が上手にできました
~~~がすごく楽しそうでした

生徒と保護者、両方のモチベーションを保ちながら、レッスンが継続できれば、徐々に大きな声で英語が言えるようになるでしょう

そもそも、なかなか声の出ないシャイな子でも、
英語のリズムに乗ること、
英語の響きを聞くこと、
その子なりに英語を楽しんでいます!

ただ、感じていることを表に出すのが苦手なんです

小学校低学には、興味と小さな達成感を

小学生になると、レッスン内の遊び要素が減り、少しずつ難しくなります

英語力の差も、だんだん出てくるころです

この時期になると「やる気がない」の裏にはこんな気持ちが見えてきます

  • 小さい頃から習慣で通ってるだけ
  • 英語を習う意味が分からない
  • 家で練習したり宿題をするのが面倒くさい
  • 本当はスポーツの方が好き
  • よく分らなくてつまらない
  • 難しくてできないから嫌い

この年代にできる声掛けは二通りあります

英語に対する興味付け

英語を習うメリットを機会があれば話してみましょう

例えば、

生徒への声掛け
  • 英語の歌をカッコよく歌えるよ
  • 海外の面白いユーチューブが見られるよ
  • 外国の友だちとオンラインゲームができるよ
  • 将来、どこへでも行けるよ

と、その子の興味に合わせて話します

体験談

幼児からレッスンを担当していた男の子が現在中学1年生
彼は英語で海外の人とオンラインゲームをしているそうです

ゲーム好きな生徒には、絶好のモデルとして時々、彼の話をしています



ただ、これは長期的な話し

大人でも英語を学習する目的、興味をみつけるのは簡単ではありません

小さな達成感「やったー!」「できたー!」を

そこで、日々のレッスンでは、

できたー!

を積み重ねて達成感を持たせてあげます

生徒への声掛け
  • がんばったねー!
  • 全部できたね!
  • 難しいのに、できちゃったね!
  • 〇〇ちゃん、すごい!



そのうちに、

もっと挑戦したい!

という気持ちが出てくればもう安心

生徒への声掛け
  • さすが~!
  • 今度もきっとできるよ!
  • ○○くんならできるよ!

私は、生徒が頑張って何かができたときには、ご褒美シールをあげています
こんなことでも、生徒はもうひと踏ん張りします

大人でも、頑張ったら甘いものを食べたり、好きなものを買ったり・・・
ありますよね?

小学校高学年以上には自信を持たせる、冷静に話す

この年代の「やる気がない」生徒は、大きく分けると3タイプ

  • 自己肯定感が低い
  • ただの怠慢
  • 本当に英語が嫌いになってしまっている

自己肯定感が低い生徒

この年代は、生徒の特性(苦手と得意)がはっきりしてきます

ライティングの字が綺麗 ⇔ ぐちゃぐちゃ

発音、リズムが綺麗 ⇔ 練習不足で言えない

人前で大きな声で発表できる ⇔ 恥ずかしい、緊張する

そして、真面目な生徒や保護者ほど、

自分だけ~~~ができない・・・・

うちの子だけ~~~ができない・・・・

こんなふうに苦手にこだわっていることがあります

そんなときは、できていることを褒めて、自己肯定感アップ!

苦手な事も心配しないように伝えます

余計なストレスがなくなれば、前向きになれるはず

生徒、保護者への声掛け
  • 〇〇ちゃんはノートの字がすごくきれい
  • 今日は~~~がすごく上手だった
  • ~~~は難しいけど、練習していけばできるようになるから大丈夫
  • ~~~はすごく難しいところだから、初めはできなくても当然

マイナスの意識づけを保護者がしていることも!

「うちの子は~~~が苦手なもので・・・」
などと親が言うのを聞いた子どもは、そう思い込んでしまいます

体験談

私のクラスのおとなしい女の子
声も小さく、率先して発表するタイプでもありませんでした

でも、テストで良い級を取って以来、自信がつき、今では友達に教えてあげたり、積極性にレッスンに参加しています

テストという客観的な結果で英語力がはっきりしたことが良かったみたいです

ただの怠慢

褒める、興味を引き出す、など働きかけても、

・・・・・

  • 相変わらず宿題をやってこない
  • 居眠りする

などまったくやる気が見られないときは、冷静に話をします

生徒
  • 学校の英語も得意になったら嬉しくなるよ
  • 頑張って得をするのは自分だよ
  • 高いお月謝を払ってもらって勉強できるのは幸せなことだよ
保護者へ
  • 宿題をやってこないとレッスンに参加できないので、やるように声をかけてください
    (注意)宿題をやらないことが100%保護者の責任とは言いません
  • 5年生からは小学校でも成績がつくので、今のうちに頑張っていきましょう

(注意)とことん英語嫌いにならないように、加減が必要!

小学校高学年はとても大事な時期

いい加減に生徒を預かっていると、中学の英語で困る結果になります

そのときになって

レッスンに通わせていたのに!
講師の責任だ!

なんてことになっては大変!

この年代の生徒の保護者とは、英語嫌いにしない範囲でどうサポートしていくか、しっかり話し合いべきです

体験談

過去に、受け持っていた男の子
反抗期も重なり、英語嫌いになりかけていました

そこで、お母様と連絡をとりあい、生徒のペースを尊重しながら見守ったところ、大変満足してスクールを卒業していかれました

本当に英語が嫌いになってしまっている生徒

もう、英語なんて大嫌い!

すでにこんな状態になってしまった生徒には、レッスンの無理強いは避けるべきだと思います

英語は、中学から高校まで避けては通れない科目

自分で英語を学ぶ目的を見つけるまでは、その子のペースを尊重した方がよいのではないでしょうか?

例えば、

  • 外国の友達とゲームで対戦したい
  • スポーツで留学したい
  • 海外のアーティストの事を知りたい
  • バンドで洋楽を歌いたい
  • 受験のためにどうしても英語を勉強しなきゃ

こんな目的ができて、意外にも自発的に勉強するときがくるかもしれません

または、他の得意な事で自己肯定感が上がれば、再び英語を頑張る意欲もわいてくるはずです

まとめ

最後にもう一度、やる気がない(ように見える)生徒への対応をまとめます

  • 幼児には、とにかくレッスンを楽しんでもらう
  • 小学校低学には、興味と小さな達成感を
  • 自信を持たせる、冷静に話す

一人ずつ、状況はいろいろ・・・

私の提案通りにはならないかもしれませんが、一つのヒントになれば幸いです

参考

この記事の内容は、私のレッスンポリシーに基づいています
詳しくは『私のレッスンポリシー:子どもの、英語も心も育てたい!』もご参照ください



最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました