読み書きの基礎に! アルファベットカードでの遊び方【13通り】

レッスンTips

子ども英語講師歴10年のブログ管理人です

どこの教室にもアルファベットカードがあると思いますが、活用できてますか?

26文字の名前と音を覚えることは英語の読み書きの基礎! なぜなら、

  • 読み書きの基礎になる
  • 知らない単語も推測で読めるようになる
  • 日本語にはない音が身に付く
  • 発音が良くなる
  • 小学校でローマ字を習っても、英単語がローマ字読みにならない

というメリットがあるからです



実は、私は地域の中学生で学習サポーターをしていますが、アルファベットの音を知らない子は多いです

そうすると、単語や文が読めない、書けない、という状態になり、英語嫌いにつながっているように思います

この記事では、アルファベットカードを使ったゲームを紹介します

講師がいろんな遊び方を知っておくと、生徒は退屈せずに楽しみながらアルファベットの文字と音の関係を身に着けることができます

基礎をしっかり作って、将来の読み書きが得意な子を育てましょう!

では、目的別にアルファベットカードを使ったアクティビティを紹介します

今回は、アメリカ School Zone Publishing から出ている下の画像のカードを使って具体的に遊び方をお伝えしますね

片面に文字
もう片面にイラスト

目的:26文字の名前を聞いて覚える

カードを使った活動をご紹介するまえに、AからZまで26のアルファベットの名前に親しむには、やはりこの歌がベストでしょう

「キラキラ星」のメロディーに乗った、良く知られた歌です

Kids TV 123 / The ABC Song

歌によって少しづつ節回しや歌詞が違いますが、大差ないと思います

幼児でも一緒に歌っているうちに、すぐ覚えますよ~

ゲームの目的:26文字を見て、名前と形を覚える

カードと一緒に歌ってみよう

歌を覚えたら、メロディにのせてカードをめくってみましょう!

爆弾レターは言っちゃダメ!

こんな風に、「歌っちゃダメなアルファベット」決めておくと、めちゃくちゃ集中して歌えますよ

アルファベットかるた(文字に親しむ、名前、形を覚える)

はじめは、おなじみの「かるた」です

文字が見えるようにカードを床にばらまき、聞こえた名前の文字をとります

複数人いれば、一番早くとった人がカードをもらえます

同じかるたゲームでも、

  • ハエたたきを使う
  • カードにクリップを付け、マグネットをつけた釣竿で釣りゲームにする
  • カードを的にして、ボールやお手玉を投げる

このようなバリエーションでさらに楽しめます

Find the Missing!  (なくなったカードを当てるゲーム、目的は声に出すこと!)


文字が見えるようにカードを床にばらまきます

子どもに目をつぶらせておき、講師がカードを一枚とってかくします

なくなったカードを言い当てられた人が、そのカードをもらえます

複数人なら、誰が早く言えるかを競います

とにかく、声に出してみることが目的
間違っても気にしない!

Put the Cards in Order! (アルファベットの名前と順番に親しむ)

文字の面を上にしてばらまかれたカードを順番に並べるゲーム

どのぐらい早く並べられるか、タイムを競っても楽しい

どのゲームも、はじめからたくさんのカードを使わないのがおすすめ!
AからGまで、AからNまで、と、少しずつカードを増やすと徐々に難易度が上がります

小文字でも同様に

Encampment game(陣取りゲーム)! (アルファベットを早く言って敵陣へ進め~!)

文字が見えるようにしてカードを一列にずらっと並べます

スタート!で両端から一人ずつが文字を読み上げながら進み、出会ったところでジャンケン!

負けたら、自分が出発したところへ戻って再出発

早く敵陣へ到達した方が勝ちです

小文字でも同様に

「ジャンケン」が勝敗を左右するところがミソ
なぜなら、英語力だけでは勝てないからです!
これなら誰もが楽しめますね♪

勝負がつかないことが多いので、私はタイムを測ったり、音楽を1曲流して制限時間を作っています
知らないうちに大きな声が出て盛り上がるゲームです

ゲームの目的:大文字、小文字のペアを覚える

Match Letters! (大文字と小文字のペアを作ろう)

大文字と小文字の学習が終わってからできるゲーム

大文字と小文字のカードを混ぜてばらまきます

同じアルファベットでペアを作れたらカードがもらえます

Match Letters! (かるたゲームで)

まず大文字のカード広げておきます

講師は手元に小文字のカードを持ち、1枚だけ見せます

子供は対応する大文字のカードを取ります

小文字カードも同様に

ゲームの目的:文字と音の組み合わせに親しむ

リズムに乗って、歌おう、言ってみよう! (文字と音の組み合わせを知る)

カードの表
同じカードの裏

A is for Apple

B is for Bee

と、チャンツのように聞かせたりリピートさせると、文字と音を結びつけて覚えられます

YouTube にもアルファベットソングがたくさん出ていますので、保護者におすすめできます
子どもに観せるなら、歌っている人の口の形が見える動画がおすすめ!

クイズ (文字と音の組み合わせを考える)

十分に練習できたら、A is for ? と、クイズにしても楽しい!

早く言えたらカードがもらる、というルールなら、子どもは先を競って言いますよ

ゲームの目的:文字から音を推測する

Match Letters and Pictures ! ①

文字と音のつながりを学んだらできるゲームです

カードを絵が見えるようにばらまきます

講師は、次のいずれかのアクションをします

  • 文字のカードを一枚見せる
  • 文字の名前を聞かせる

上の写真の例なら、講師が

  • b のカードを見せる
  • 「ビー」と文字の名前を聞かせる

子どもはその音で始まる絵のカードをとります

複数人なら、かるたの要領で、早くわかった人がカードをもらえます

ゲームの目的:音から文字を推測する

Match Letters and Pictures ! ②

文字が見るようにカードをばらまいておきます

絵のカードを1枚見せるか、言葉を聞かせます

子どもはその言葉の始めの音を表す文字を取ります

上の写真の例なら、講師が

  • fox のカードを見せる
  • 「fox」と聞かせる
  • [F]の音を聞かせる

複数人なら、かるたの要領で、早くわかった人がカードをもらえます

ゲームの目的:同じ音で始まる言葉がわかる

Match Pictures !

絵が見えるようにカードをばらまきます

子どもは同じ音で始まる絵のカードを2枚とります

写真の例は、cat と crab でどちらも C の音で始まる言葉ですね

アルファベットカードを使ったゲームのまとめ

こんなに何通りも遊べるアルファベットカードです

しっかり使わなきゃもったいない!!

もう一度、カードゲームの目的をリストアップしておきます

目的を押さえてカードを使いましょう!

  • 26文字の名前を聞いて覚える
  • 26文字を見て、名前と形を覚える
  • 大文字、小文字のペアを覚える
  • 文字と音の組み合わせに親しむ
  • 文字から音を推測する
  • 音から文字を推測する
  • 同じ音で始まる言葉が分かる


読み書きの基礎はアルファベットから!

ゲームを通して、「文字って面白い!」「英語って楽しい!」そう思う子どもが増えますように・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました