【英語レッスン】形容詞でなぞなぞ遊び

レッスンTips

英語講師の皆様、レッスンお疲れ様です!

子ども英語講師歴10年のブログ管理人です

この記事でわかること

形容詞を使った なぞなぞ 
2種類の遊び方

色の他、big, small, long など簡単な形容詞を練習したらできるアクティビティ

小学校低学年の少人数クラス向きです

なぞなぞー1

使える英語表現の例
  • It’s (色).
  • It’s (見た様子).
  • It’s (味).
  • What is it?
  • It’s a ~.
用意するもの
  • 動物、野菜、フルーツ、食べ物などのカード
ルール
  • カルタ取りの要領で、使用するカードを全て、表を向けて並べる
  • 先ず講師が、一枚のカードについて、It’s ~. とヒントを出す
  • 分かった生徒はそのカードをとる
  • 講師がWhat is it? とたずね、生徒は It’s a ~. と答える
  • その生徒が次に出題役になってもよい
  • 答えを言う時には、冠詞 a, an を忘れやすいので、優しく言い直してあげます
  • 答えのカードは一つとは限りません
    例)It’s red. ⇒ 答え apple, tomato, strawberry など
  • It’s ~. のヒントを複数だしてもOK

いつも白熱するカルタ

ヒントを聞く時には、生徒たちはとても集中します


初めは、講師が出題役になり、リスニングの練習から!

生徒が表現に慣れたら、出題役を交代します

なぞなぞー2

使える英語表現の例
  • It’s (色).
  • It’s (見た様子).
  • It’s (味).
  • What is it?
  • It’s a ~.
用意するもの
  • 動物、野菜、フルーツ、食べ物などのカードまたは絵
ルール
  • 先ず講師が、一枚のカードまたは絵を裏向きに持つ
  • It’s ~. It’s ~. What is it? とたずねる
  • 分かった生徒は It’s a ~. と答える
  • 正解した生徒が次の出題役になる

生徒が自分で書いた絵を使うと個性が出て楽しい!
絵が苦手な子は、なんだかよく分らない絵だけど、それがかわいい~


では、楽しい英語タイムを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました